学校の休みが憂鬱な子育て中のお母さんに役立つフラワーエッセンス

ハッピネスって書いてあるのに、憂鬱そうなあなた
確かに子どもにとっては幸せな日々は憂鬱なお母さんたちもいるしね

コロナウィルスの為に拡大された春休み。
小学生、中学生だったら、天国の様な期間だっただろう。
でも、でも、スクールソーシャルワーカーをしていた時、真反対の気持ちになる人たちがいるって知った。

障害児のお母さん方で、お子さんが多動だったりして、手におえない!って、思っていらっしゃる方々にとっては、地獄の日々になるんだって、こと。
そりゃそうだ。

私も昔、自閉症の親戚の子と遊んだり、ボランティアで自閉症の子と遊んだので、少しだけ、わかります。
かれらは容赦なく首締めとか体当たりとか、してくれちゃいます。
そこまでいかなくても、急に道で走りだしたりする。
だから、車に轢かれないかヒヤヒヤ。
なので、常時からだは急発進できるように待機している感じ。
で、四六時中、神経を張り巡らしていなくてはいけないので、へとへとです。

でも、ボランティアだから、自分で好きでやっているし、8時間位で終わるから平気です。
でも、あれが毎日の事かと思うと気が狂いそうになります・・・
自閉症スペクトラムの人たちの症状って、本当に人さまざま。
自分なりの儀式をもっていたりするので、こういうタイプとか言えないのです。
別に、自閉症スペクトラム、発達障害等、様々な障害をお持ちのお子様に限らず保護者の方って本当に大変だわ~

うちの母も子育て期間は、いつも不機嫌だったな・・・。
で、こっちも暗くなりましたわ・・・。
家族って、相互に影響を与えあうものなので・・・
で、考えたのだけど、まずは、ご自分(保護者)がゆとりを持ってくれることかな、と思う。
私も、認知症の母の介護初めの頃は、母を変えよう、なんとかしようと考えたけど、結局、自分の思惑通りにならずにイライラしたのでした。
で、結局、自分の心持を変えるのが一番と考えが至りました。

なので、そういった経験から考えた育児や介護に役立つフラワーエッセンス

バッチフラワーエッセンスのインパチェンス
自分のペースで進めたいので、他人のペースにイライラする
イライラ、怒り、忍耐
等のキーワードを持つフラワーエッセンス

が、役立ちました。

何故って、私は短気なのです。
別に短気な人でなくても育児・介護中の人ってイライラしがち、当然だけど。

だから母の介護中、母にイライラして手を出しそうになったこともある。
けど、172㎝の私が150㎝の母親に手を挙げたら確実に死んでいただろう・・・

でも、拳を挙げた瞬間に、
イライラは、母親に子供の時、充分、面倒を見てもらえなかったという思いがある、
だから、一生懸命、介護していると理不尽さを感じる
母親にやきもちを焼いている

つまり、
「私が子供のころ、あなたはこんなに丁寧に私に対し面倒を見てくれなかったじゃない!」
って・・・思っていたと気が付きました。
雷に打たれるように。

それ以降、母親の介護は、かなりスムーズになりました。
自分の内側の怒りの原因、母への嫉妬を認めたら、嫉妬で対応したり感情的な対応が減った為なのかもしれません。

そうそう、それ以来、街で子供が大声で叫んで泣いていても、
「これ欲しい!買って~~~!」
と道に倒れて泣き叫んでいると、内心、
「なんていうワガママなガキなんだろう!
クソったれ!」
と思ったけれど、それさえ無くなりました。
だって、泣き叫ぶって子供の仕事、当然だから。

でも、以前は、潜在意識で
「私が子供の頃は、そんなワガママは絶対に認められなかった!
なんで、この子の母親は、やらせておくんだろう?
キッ!」
(イライラ

でも原因は嫉妬)
って思っていた
んだって、わかる。

そんな意識の在り様に気が付かせてくれたインパチェンスのフラワーエッセンス。
そして、それにより、ちょっとだけ忍耐強くなった私。
本当に本当にありがとう!

これって介護の話で子育ての話でないと思うあなた。
いえいえ、子育ての母親の心理の中にも、子供への嫉妬って、よくある話。
こどもに嫉妬?
って思うかもしれないけれど。
よくよく心の中を見つめるとありがちの事なのです。
ということで、ちょっと子供の頃を思い出してみて下さい。
フラワーエッセンスを使って。
フラワーエッセンスって過去の事を思い出しやすくしてくれます。
(これは全体的に言えること)

ただし、フラワーエッセンスは、かならずしも全ての人に同様に反応するわけでないので、その辺は、ご容赦ください。
薬ではないので、すぐの反応をもとめても、がっくりくるかと思います。
そして、発達凸凹ちゃんに対しては、療育、教育、医学も活用しつつ、サポートの一つとして考えてください。
けっして、これ一つで何とかしようとか、考えるのはやめてくださいね。

長いお休み。
お体をお大事にして、おすごしくださいませ。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました