不登校の子どもにおすすめのフラワーエッセンス

オーストラリアンブッシュフラワーエッセンスのハッピーヘルシー子育て

才能発見相談「虹の花」りえこです。

先週の金曜、土曜日にオーストラリアンブッシュフラワーエッセンスの子どもの為のブッシュフラワーエッセンスのワークショップを受けに行ってきました。
ブッシュフラワーエッセンスの創始者のイアン・ホワイト氏が直接教えてくださる、今回出版された「ハッピーヘルシー子育て」に沿った内容でのワークショップ。
対象がキッズなので、7歳ぐらいまでの子供の問題しか書いてないので、不登校の問題については書かれてはなかったし、講座でも、説明はなかった。

でも、気になったので、質問した。
「キッズというよりティーンエイジャーの問題ですが、今日本では不登校が多く問題ともなっております。
いじめ、学業、不安感等、個々人によって不登校の理由が違うので、その対応は本を読むとして・・・
(時間が迫っていたのと、本に書いてあったので質問できませんでした)

「自分がスクールソーシャルワーカー、そして、不登校体験者として感じるのは、不登校の要因となる問題が解決されたとしても、なんとなく学校に戻るのに抵抗感があるのではないかということ。
なので、弾みとなるようなエッセンスが必要に感じます。
で、それに対応できるものとして、ボウヒニア(変化への抵抗をなくす)を考えたのですがいかがでしょうか?」

そうしたら、イアンさんも、やはりボウヒニアが、お勧めですとのことでした。
なので、
不登校で、不登校の要因となる問題は解決されたものの、戻ること(変化)に抵抗感がある場合、変化への扉を開くために・・・ブッシュフラワーエッセンスのボウヒニア
をご紹介しておきます。

で、上記にも書いたように、不登校の場合に使えるフラワーエッセンスについても、順次書いていこうと思います。
待てない方は、「ハッピーヘルシー子育て」(イアン・ホワイト著 フレグランスジャーナル社刊)を読んでくださいませ~


フラワーエッセンスは、人により、様々な反応のし方をし、全ての人が同様に反応するわけでは、ありません。
また、フラワーエッセンスは薬に代わるものではなく、即効性を求める場合、他の方法を探されることをお勧めいたします。
以上、ご了承くの上、お読みくださいませ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました