発達障がいの才能と占星術・黒柳徹子さんのホロスコープチャートから考えた

発達障害の人への理解は、かなり最近進んだと思う。
だけど、まだまだ変人扱いされているところもあるんだろう。
でも発達障害の人って才能の宝庫。
ということで、発達障害の人と才能という観点で占星術チャートを探るというシリーズをしていきたいと思う。

まずは、第一段目。
黒柳徹子さん
( 1933年08月9日、午前9時、東京港区生まれ)
まあ、発達障害の診断は受けていないだろうから、発達障害とは言い切れないけど
計算障害と読書障害があると自ら告白しているそうです。

彼女の著作「窓際のトットちゃん」は御自分の子供の頃を書いた本。
これを読むと、これは発達障害の子供のありがちな感じだと、すぐわかる。
(徹子さんは学校では問題児扱いをされ、自由な学校に転校されていらっしゃいます。

ちなみに、私は大学で障害児教育専攻、社会福祉士、精神福祉士の資格を持っていて、福祉相談職をしていたのです。
そのうえ、私の兄はアスペ気味、私はクリスタルチルドレン気味だと思っています。)

今回取り上げるのは、あの口の速さ、多弁は、どこからきているのか?
ということ。
これはオーブは緩いけど、火星(エネルギッシュ)、天王星(独自性、瞬発力)、冥王星(深く掘り起こす)のT字スクエア。
そのT字スクエアの冥王星に対して水星(コミュニケーション)がコンジャンクション(合)。
エネルギッシュな瞬発力、しかも深い洞察力のあるコミュニケーション力で独自の個性を発揮する
とか
人並外れた個性的なマシンガントークで影響力を与える
とか、
読むことができます。

T字スクエアって、才能に成り得るけど、人生としては、しんどい思いをしがち。
しんどい思いを克服した人は才能になり
しんどい思いで、負けちゃった人は、ちょっと頑固な対人関係で問題を起こしたりする人って、思われちゃうかも。

でも、徹子さんの場合は、本で読むように、ご両親や学校の先生の理解に包まれて、個性を伸ばすことができたのでしょうね。
発達障害の人の才能は、周りの理解で伸ばすか潰れるかが、あると思っています。
発達障害の人って、ストレス耐性は弱いので。

特に。

さてさて、徹子さんは、個人天体にアウタープラネット(土星外天体、外惑星)が多く絡んでいるので、アウタープラネットピープルではないかと思われます。

自分の道、適職に出会うのが遅い人の占星術的な特徴 

自分の人生の道である適職・天職を見つけるのに苦労する理由を占星術的に探る

黒柳徹子さんも若い時は、ちょと変わった女優さんと思われていて、彼女の個性、トークの才能、司会者としてブレークしたのは中年以降。
とてもアウタープラネットピープルらしい感じですね。

タイトルとURLをコピーしました