才能発見相談での天職と天職の象徴性について

占星術で天職を考える時、誕生日ホロスコープの一番上の部分(ミッドヘブンとかMCと言います)を観ます。
これは、その人が人生において長期間かけて追い求める社会的な態度、生きがい、ライフワークを表します。

ただし、これはひと言で言うのが難しいとも言えます。
(そして、そこだけでなく色々な所を読み解き、総合的に判断していきます。)
前回の記事で書いたセッションに対しての過剰な期待感(甘い言葉を求める等)ともに、これもまたアドバイス側としても悩めるところです。

天職を探る占星術をする時は、本当に色々な角度から占星術チャートを読み解きます。そして感じる事は一回だけでは全てを読み解けない事もあるけれど複数回セッションを重ねる事により判明する事もある、ということです。

これは常々感じている事ですが今回、改めて感じたので書いてみたいと思います。
というか今朝、閃きがやってきて
「あ、M様の天職って、そういうことなんだ!」
と改めて気づいたので、書いているだけなのですが・・・。

M様は元広告関係のプロデューサー。
その後、天然酵母のパン職人という職歴です。

M様の天職を示す場所は蠍座。
蠍座は、一つ事に、がっつりと取り組んだり、その結果、変化・変容を起こしたりする象意がある星座。
がっつり取り組む分、広く浅い感じではありません。いわゆるオタク的な感じもあるから一般受けを狙う感じでもなく対象者は深く知りたい人、がっつり取り組みたい人になります。
自分は裏に回り他者を目立たせたりする、でも、その実、影の実力者は自分、そういった感覚、政治家のフィクサー的な感覚、それも蠍座的な感覚。

蠍座的な職業というと霊能力者、心理学者、カウンセラー、フィクサー、研究者、職人、探偵、生や死に関係する仕事(医師、葬祭関連)、金融関連等があります。
でも、キーワードとご本人を照らし合わせても全然あてはまりません。

ただし、広告関係のプロデューサーは、自分が裏方になり相手も目立たせるということから蠍座的、パン職人も天然酵母にこだわるところや酵母自体が変化変容なので蠍座的と考えられます。

そしてM様の言葉
「天然酵母のパンを作る過程の実験が好きだけど売る事が好きかどうかというと疑問」
「人と人を繋いだり、この人とこの人は合うのではないか?とか考えるのが好き」
「ある面で他人に対し踏み込みすぎ、ゴリ押しが強いところが嫌がれる時もある」※
と言う言葉からは、この蠍座が天職の看板だと、つくづく感じます。
なぜなら蠍座って「2者が混ぜ合わさって変化変容する」「他者の内面にまで深く踏み込む」という象意があるから。
その意味でも、M様のネットのサイト名「○○ラボ」(ラボとは研究室の意味)も、とても納得する命名です。

要するにM様はパンだけでなく、あるものとあるものを混ぜ合わせると、どういう風に変化するか?化学反応を起こすか?を知る事、実験する事が好きなのです。そして、それを長期間かけて追い求めていく、その結果、周りからも、その腕が評価されていくということなのです。

だから、もしかしたら今後、興味がパンや人以外に興味が移ることもあり得ます。そういった化学反応が起こりそうなことに関してだったら対象が違っても興味が出るかもしません。だって天職って一つの職業名だけに留まるわけではないものだから。

(天職や占星術を読み解くとき必要な態度は様々な現象の奥底に流れる共通の要素を読み解く事。)

そして、天職って、それをしたからと言って儲かるかどうか?とは関係ありません。儲かるかどうかは他の場所を見ていかないと分かりません。人によっては天職と稼ぎの場所が密接にくっつている方も、いらっしゃいますが。

でも、天職って儲かろうが儲からないか、そんな事は関係なく、人生をかけて追及したくなる事。
そんなテーマがある事自体が福音(私はクリスチャンじゃないのですが)、人生の必須栄養素

「人はパンのみに生きるにあらず(人はお金だけで生きているわけではない)」
そして、それを見つけた時、人は魂の故郷に帰って来たような安堵感を覚える、
体験者として確信を持って声を大にして言いたいと思います。

※ちなみに赤い字は3回目にお会いした時に聞いた言葉。なので、この言葉がなければ私自身もM様の象徴的天職に気づかなかったでしょう)

タイトルとURLをコピーしました