ゆううつと占星術

私は、自分を癒すまでは、なんとなく重苦しい感情に悩まされ生き辛い感じがありました。

(常にというわけではありませんが)



でも、自分を見つめ、自分の心の傷に気づき、癒しに繋がることを色々試したりしてきたら、頭の上に載っていた漬物石?が軽くなってきて、生きるのが楽になりました。

癒しの一つとして、心理占星術家のセッションを受けたことがあります。





私は土星が12ハウスに入っています。

で、占星術家に、

「長期入院したことは、ありませんでしたか?」

「交通事故にあったことは、ありませんでしたか?」

って、いろいろと聞かれました。





思い当たるものがなかったので、その旨を伝えたら

「あなたは、事故にもあわず、とてもラッキーでしたね。

この位置に土星があって、あなたが悪いことをして生きていたら、良くないことに巻き込まれていたでしょう」

って言われました。






そのときは、占星術を知らなかったので、

「ふ~ん、そんなもんかな~。

なんか、おどろおどろしい言い方だな~

魔法使いの言葉みたいだな~」

って思いました。

(その人は、本当に現代の魔術師みたいな人ですが・・・)





占星術の本を、あとから読んで、土星の悪い意味が出ずに済んで確かにラッキーだったな~って感じました。

(私、別に、いい人ってわけではないですし・・・)



でも、そのとき気が付きました。

重苦しい感情に悩まされるっていうことで、12ハウス土星の影響をすごく受けてきたってこと!

さらに、やっかいなことに、12ハウスって、秘密の部屋という名前なので、周りには見えにくく、一人で、うつうつとしていたということ!

(周りからは、明るい人だと思われていたと思います)

ちなみに、今、私は、自分の12ハウスの土星が、とても愛おしいです。

自分をつくってきたのは、この憂うつ感でもあるので。

幸せも、この土星があったからこそ感じられるんだな、って思っています。





ということで、原因不明の、ゆううつな気分に悩まされやすい人は、自分の占星術のチャートをチェックするのも手だな、と感じました。
占星術の話に戻りますが、世の中の星占いは、太陽だけを使って性格判断をする太陽占星術です。

本来の占星術は、そんな単純なものではありません。

一回は、ご自分の生まれた日の占星術のチャートを観てもらうのを、お勧めします。

腑に落ちることが沢山あり、自分に関しての認識が、とっても広がりますので。





占星術のセッションをしています。
お問い合わせは下記のお問い合わせからどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました