自分の体験から発達障害のプチ・パニックの時の頭の中をマンガで描いてみた♪

私は、どうやらインディゴチルドレン。

生きづらさの問題を抱えた人たち・スターピープルとインディゴチルドレン

チルドレンっていうには、年齢が多いかもしれないけれど。

でも、インディゴエッセンスの創始者、アン・キャラハンんさんによると、インディゴチルドレンは年齢は関係ないそう。

そのインディゴエッセンスのアンさんから

「あなたはインディゴチルドレン」

って言われたから、証明書付のインディゴチルドレン。

エヘン!

インディゴチルドレンの為のフラワーエッセンス・インディゴエッセンスのワークショップ

生き辛い貴方はインディゴチルドレン?そんなあなたに役立つインディゴエッセンス

インディゴチルドレンは、時に発達障害のラベルを張られる。

私は、発達障害傾向があると感じているので、別に気にしていないけど。

だって、発達障害の人は才能がある人も多い。

エジソンやレオナルド・ダビンチ、スティーブジョブズ等も、発達障害だった可能性があると言われている。

一つ事に熱中すると、才能を伸ばせるってこと。

才能の宝庫!

(フフ)

でも、時に純粋過ぎて、人間関係の維持に困難をきたすこともあるけど。

(ただ、私は気が付かれない、って言われるけど。

どちらかというとクリスタルチルドレン寄りだからかも)

子供の頃、自分の夢の世界に生きて、授業なんて全然聞いていない子供だった。

でも、勉強はできたから、困らなかったけどね。

時々、

「何を行っているかわからない」

って言われたりするけど。

でも、それは、私のこんな思考方法があるから。

(もしくは私のコミュニケーションの場所が魚座だからかもね。

映像で考えるタイプなの。)

で、きっと他の発達障害の人も、同じ傾向があるのではないかと思い、漫画に描いた。

アイデアが溢れすぎて、

言いたい事が沢山ありすぎて、

どこから手を付けていいのかわからなくなっちゃってアップアップしちゃうの。

きっと、挙動不審、もしくは、バカなのかと思われているんだろうな。

アイデアは豊富で、次から次へと出てくるのだけれど、地上に降ろすのが苦手。

そこを、何とかすると、スゴイ発明家になって、自分の為にも、世界の為にも役立つんだろうな。

そんな私の性質って、発達障害の人の傾向性の一部かな、と思い、書きました。

そして、私の経験が役立つといいなと思い、インディゴチルドレン(発達障害児)の才能発見!相談しています。

タイトルとURLをコピーしました