自己評価が低い人へお勧めの本「ライフ・ヒーリング」

今回の紹介の本は、
ルイーズ・ヘイ「ライフ・ヒーリング」

15年前ぐらいに、スピリチュアル本を買いあさって読んでいた頃があります。

でも、スピリチュアル本って、沢山読んでくと、基本は似てて、お腹いっぱいになってきます。

ということで、今は、全然読みません。

この本も、スピリチュアルの定番の本の様な感じは、モチロンしました。

すごい目新しいわけではありません。

ただ、ルイーズさんの生い立ちが、のです。

子供の頃、義父から性的虐待

貧乏で大変な生活

家出

モデルになる

結婚、裕福な生活を送る

離婚

ニューヨークでの生活

家財を売り払い西海岸に移住

スピリチャルの指導者として活躍

って、ドラマの様な生き様!

そんな生き方から出てきた言葉なので、嘘がない感じがして、すごく共感しつつ、読みました。

私だったら、折れちゃいそう・・・


10年前の感覚ですが、リズ・ブルボーの方が売れている感じ、
でも、ルイーズヘイの方が先の世代の感じ。

アメリカでも人気のある人みたいです。

目新しい感じはしないけど、自己ヒーリングの本として基本の一冊に、いい感じがしました。

本の先頭に書いてある言葉

「この本が、あなた自身の価値を自覚し、心の内の純粋な愛と、あなた自身の受け入れ方を見つける手助けになりますように・・・」

私の感想は、この言葉の通りでした。


タイトルとURLをコピーしました