敏感過ぎて生きづらい人たち、エンパスとHSP

前回、FESのフラワーエッセンスのヤロー環境フォーミュラについて書いた。
電磁機器などに敏感に反応し、疲労感を感じる、あるいは自己の中心を保ちにくくなる傾向の方たちに対して、エネルギーレベルで助けになる。
というもの。



その時、
「ん、これ、なんか、似ている感じの人がいるな」
と思った。
電磁波でなく、霊的なネガティブな雰囲気にだけど。
霊的なネガティブな雰囲気に反応しやすい人がいるということを思い出したわけ。
3~4年前に知った言葉、エンパス。
(最初、コンパスかと思った私・・・)
今は、かなりポピュラーになったけど。



エンパスとは、共感力が高く、感性が繊細、自分の感情と他人の感情があいまいになりやすい等の特徴を持つ方々。
それらが、あだとなって、ご自身が辛くなり、悩む方が多い、といった特徴を持つ方々とのこと。



もともと日本では、空気を読めとか、言われるように、海外の人に比べ、周りの雰囲気を考えて行動するように、しつけられたり、教育されたりします。なので、日本人のエンパス体質の人の割合は高いそうです。



そして、HSPという言葉も出回っています。HSPとは、Highly Sensitive Personの略。Highly Sensitive Person=刺激に敏感、周りからの刺激を過度に受け取ってしまう方々の意味です。



空気を読めるのはいいけれど、空気を読めすぎて、体に来ちゃう人っています。



人込みに行ったり、ちょっとだけでも、雰囲気の悪いところに行くと、頭痛がしたり、寝込んだりしちゃう人。
同じ部屋でケンカをしている人がいると、いたたまれずに、自分が、その空気を飲み込んで、人間掃除機になっちゃう人。
繊細なのはいいのですが、疲れちゃって、たまったもんじゃありません。



大体、そういう感じの人のオーラって、境界線があいまいな感じです。
そこから、色々なものを吸収してしまうんだな、と感じます。



エンパス体質、HSP体質で悩んでいらっしゃる方、フラワーエッセンス相談をしています。
詳しくはメニューを。


タイトルとURLをコピーしました