不安な時代を生きる為の占星術・2021年を振り返る

大地の再生講座・目詰まりした土地を掘って空気と水を通すことによって土地をよみがえらせます


2021年の占星術的なイベントの中でも
大きな特徴として天王星と土星のスクエアがあるといいました。
(天王星と土星の意味は下記の記事に書きました)





その影響はと言うと、色々あるんだけど

・既存社会への変革
・科学技術の悪用により安全を脅かす
・情報統制により安全を脅かす(水瓶座土星と牡牛座天王星)
・コロナの変異株の出現
・予防の為の○○○○は遺伝子を改変するものだった!
・5Gの普及
・牧歌的な場所が変革される

等々

なんだか夢が全然ない感じで悲しことばかり。
でも、そんな中、今年の最後に天王星土星の良い意味の事象に出会った。



12月22日冬至の日、杜の学校の「大地の再生講座」に参加。
「ちょっとした草刈りや植物の伐採方法で大地が蘇る」方法を教えてもらいました。
(もちろん、一回だけでは身につかないけど)
コンクリートだらけの都会も、ちょっと風穴を開けるだけで、自然が蘇る方法を教えて下さっている矢野先生。



地面に穴をあけるって、天王星土星的。



こんな素敵な天王星土星は、今年一番の収穫。
ちょっと希望が持てるようになりました。

参考記事



タイトルとURLをコピーしました